PCパーツ天国(WP)

管理人が厳選したつもりになって、使えるPCパーツ、おもしろいPCパーツを紹介するブログです。
Powered By 画RSS
ひとつ前の記事
Plextor より キャッシュメモリサイズが 768MB もあるSSDが発売に(M5Pシリーズ PX-512M5P)
次の記事
今日は天気がいいのでAndroidタブレットを個人輸入してみる(1)

4万円の27インチ2560×1440ドット液晶モニタがそろそろ店頭へ

2012年8月14日

ブラウン管の頃からそうですが、モニタの大型化&高解像度化が進めば進むほど
事務にゲームにいろいろ便利になります。

地デジの普及と前後して、1920×1200、続いて1920×1080のPCモニタも普及していきました。同時に価格競争も起こってくれたので、安価になりました。

管理人の自宅でも普段は 1920×1200 の三菱ブランドのモニタ(VA液晶) + 古い Sharp製 17インチモニタで作業。会社では 1920×1200 のモニタ2台にテキストエディタや開発環境を4から8起動して並べて全部まとめて書き換えるという作業の仕方をしています。これは昔の高価なブラウン管では、解像度不足、おき場所不足、重量過多により、実現不能でした。

そして今週末には、ユニットコムブランドの2560×1440(WQHD)モニタ ( UNI-LCD27/WQHD ) が店頭に並ぶようです(AKIBA PC Hotline!, PC Watch)。


短期的には、ちょっとお金をかけてでも画面を広く使いたい、事務や開発の仕事をしている人にはいいかもしれません。また、解像度が高ければ高いほど有利になる種類の戦場で従軍(※ネットゲーム)されている方には、最重要の軍需物資になるかもしれません。

おき場所がほしー!モニターアームをつけて6台とかモニタ置いて超並列作業がしたいです。

Powered By 我RSS
無利息
アクセスランキング

タグ